戻る - 参加 

UNAGI COMPUTER STUDIO

□46   

冬は 寒くて
なにもできなくなりますね
これから どんどん なにもしたくなくなります

これで □46は おわりです

    

 

    

 

2006年12月7日 (木) DOKURO MARK COMPUTER   

録画しておいた
『ちびまる子ちゃん 実写版 リクエスト・スペシャル』
を見ました

見ながら 昔 向田邦子さんのドラマを見ていた頃みたいな
気持ちになりました

ム−一族
寺内貫太郎一家
時間ですよ


ちびまる子ちゃん実写版は
毎週 放送してほしいです
いっぱい見たいから

どんどん作らないと
まるちゃん役の子が 成長しちゃいます

DOKURO MARK COMPUTER   

 

DOKURO MARK COMPUTER   

 

DOKURO MARK COMPUTER   

明日は ジョン・レノンが 死んだ日だ

きっとラジオで いっぱい 曲がかかるよ

MR.DECEMBER MAN 6   

 

2006年12月6日 (水) PLANET COMPUTER   

香川県 高松市から
静岡県 浜松市に
重要なメールが携帯電話に届きました

それは ぼくが高松にいたころ
住んでいたいたマンションの2階の雑貨屋さん
そこの めがね店長からでした

添付されていた写真は
最近買った写真集の ピュアそうな女の子でした
ぼくは見て にやけました 
たしかにピュアです

ぼくらは よく雑貨屋さんで
写真集をみながら
とか
お店の店員さんで ピュアな感じの女の子の
ピュア談義をしてました  

つまり

変態です


ぼくは ぼくで
このごろ気になるピュアな子の写真を送って
「いやいや おとろえていませんな〜」と
誉めてもらって うれしくなりました

しばらくしたら
同じマンションの 男前の中村君から携帯にメールが来ました
中村君にも めがね店長は写真を送ったらしく
「すごくいいですね〜」という感じのメールが来ました

ぼくの住んでた高松のマンション 変態ばっかです

PLANET COMPUTER   

 

PLANET COMPUTER   

 

PLANET COMPUTER   

Irving Penn(アービング・ペン) の
写真集 Flowers(フラワーズ)

ほしいです

MR.DECEMBER MAN 5   

 

2006年12月5日 (火) YUU ZORA COMPUTER   

夕方 犬の散歩の途中

ゴロンと 農道の坂道で寝転がって
空を見ました

雲が多いのに ぼくが見上げた空は
雲1つなく
きれいな水色で

電信柱の黒い線が3本走っていて

戦闘機が2機 列んで その線を通り過ぎて行き

トランジスターラジオからは
クリスマスソングが 流れていました

ぼくはしばらく ぼーっと空を眺めて
立ち上がりました

遠くの方で 寝転がったぼくを見ていた犬のジョンが 
いちもくさんに 先に走り出しました

YUU ZORA COMPUTER   

 

YUU ZORA COMPUTER   

 

YUU ZORA COMPUTER   

 

MR.DECEMBER MAN 4   

 

Dr.PAPER COMPUTER   

フリッパーズ・ギターや コーネリアスは
音楽を いったん解体して 分析して 再構築すると
音楽評論家の人が 本に書いていました

その かっこいいフレーズ
絵でも 何とかならんもんかと

とりあえず これからは 
山口さんは どうやって絵を描いているんですか? て聞かれたら

「はい! 思い付いた絵を いったん解体して 分析して 再構築して描いてます」

て言おう
かっこいいから
 
(ほんとは 行き当たりばったりで 絵を描いています)

Dr.PAPER COMPUTER   

 

Dr.PAPER COMPUTER   

 

Dr.PAPER COMPUTER   

今日 画材屋さんで
一番大きい画用紙を 26枚 買いました

5枚の大きな画用紙に 鉛筆と定規で線を引いて
120個の 同じサイズの小さな四角形を作って
毎日 1つ 色を付けていくことにしました

好きな画材で 好きな位置に その日の気分で

120日の 心の旅です

今日は 5枚の大きな画用紙の
ちがう場所に
すこしづつ違う色の 小さな四角形の水色をのせました

時間をかけて
画用紙いっぱい
先の見えない絵を すごく作ってみたくなりました

MR.DECEMBER MAN 3   

 

2006年12月3日 (日) HUYU NO HANA COMPUTER   

今日の朝 家の近くの団地で フリーマーケットがあり 
行きました

ぼくは 30円の
電子レンジで作る ハート型・目玉焼き機を買いました
電子レンジで ハートの形の目玉焼きが出来るのです

財布をバックから出す時
ちょっとしたミラクルがありました
バックの中に テレビのリモコンがありました

ぼくの携帯電話は 折り畳み式の携帯電話じゃないので
携帯電話と間違えたみたいです
眠かったから

家で 電子レンジで 1分ちょっとチンして
目玉焼きを作りました
ぜんぜん焼いてないけど ハートの形の目玉焼きが出来ました
実験が成功して うれしくなりました

けど 目玉焼きは 普段でも ぜんぜん食べないから問題です
ぼくは お父さんの毎日のお弁当に どうだろうと考えました

けど お父さんのお弁当に ハートの形の目玉焼きは
気持ち悪いです

HUYU NO HANA COMPUTER   

 

HUYU NO HANA COMPUTER   

 

HUYU NO HANA COMPUTER   

ロックは ぶっ飛んでいる

ポップスは 現実に寄り添う

ぼくは ありえないくらい ぶっ飛ぶ方に行きたいです

けど ぶっ飛び方が まだわかりません

MR.DECEMBER MAN 2   

 

2006年12月2日 (土) PUNK COMPUTER   

絵を描くとき パンクミュージックを聞きながら
絵を描きます

居間に 画用紙を並べて
パンクミュージックをかけて

聞きながら ぼーっと 画用紙を しばらく見ます

お母さんが ときどき入って来て
「うるさいねー」と言います
ぼくは へへへ と笑います

「もっと やさしい音楽を聞きながら絵を描けばいいのに」
と お母さんは言います
ぼくは また へへへ と笑います

ブル−ハ−ツのヒロトが 
パンクロックは やさしいから好きだって歌ってたよ とは
分かってもらえないので 
お母さんには 言いません

パンクロックは 弱虫の歌です
犬だって 弱い犬の方が よく吠えるといいます
だから やさしいです

PUNK COMPUTER   

 

PUNK COMPUTER   

 

PUNK COMPUTER   

 

2006年12月1日 (金)の紙様 MR.DECEMBER MAN 1   

昨年と同じなんですが
今日から今年の終わりまで
今日の紙様を毎日やります

31人の 12月の紙の人形です

GENERAL COMPUTER   

 

GENERAL COMPUTER   

12月になったとたん
ぼくの街に
冬将軍がやって来ました

昼間が寒くなり
夜は もっと寒くなりました

ラジオで 3回もクリスマスソングを聞いた日に
その曲で行進しながら
冬将軍のお出ましです

GENERAL COMPUTER   

 

GENERAL COMPUTER   

 

AO NO HI BI COMPUTER   

来年の個展の タイトルを決めてください と
ディーズホ−ルの土器さんからメールが来ました

山口さんらしく

ぼくらしく



ぼくの考えたのは これです


UNAGI COMPUTER STUDIO



●は展です  つまり・・・・
点と展 ダジャレです  

もし どこかで2回目の個展があったら

UNAGI COMPUTER STUDIO
●●

3回目は

UNAGI COMPUTER STUDIO
●●●

4回目は

UNAGI COMPUTER STUDIO
●●●●

11回目は

UNAGI COMPUTER STUDIO
●●●●● ●
●●●●●

100回目は

UNAGI COMPUTER STUDIO
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●
●●●●● ●●●●●

です


子供の頃 『がんばれロボコン』という テレビ番組が好きでした
ロボットは いいことをすると ロボットの先生から100点をもらって
ハートマークのシールを体に貼ります
いいことをすると ハートマークのシールが 体に増えていきます

子供の頃 『サーキットの狼』という漫画が好きでした
スーパーカーに乗る主人公が
車のレースに勝つと 星のマークのシールを車に貼ります
レ−スに勝つと 星のマークのシールが 車に増えていきます


つまり そういうことです
ぼくの自分らしさとは そういう感じです

タイトルは これで大丈夫なんでしょうかね

AO NO HI BI COMPUTER   

 

AO NO HI BI COMPUTER   

 

AO NO HI BI COMPUTER   

 

AO NO HI BI COMPUTER   

あおの
ひび
げつかあ
すいもく
きんどう
にち

2006年11月29日 (水) MASUI COMPUTER   

今日の夕方 ジョンと散歩してたら
知らない犬が 突然ぼくらの前に現れて

ジョンに ガブッとやらかしました
そこから修羅場です

ものすごいケンカが始まりました

ぼくは道に座り込んで
ジョンと その知らない犬を 両手で別々に掴んで
なんとか ケンカが出来ない様にしました

2匹は 顔を見合わせて 吠えています

タランティーノの映画で例えると
2人の男が ピストルを お互いの頭にかまえた状態です 

その状態のまま 15分たつ
知らない犬の飼い主は 現れません

おばあちゃんが 怖そうに通りすぎていきます
助けてはくれません 怖いから
気持ちは さっします

ぼくは どうしたらいいか考えます


何もなし!


2匹は 吠えて口から ネバネバした よだれがたれます
しばらくすると それがなくなります
ぼくの服に 全部ついてます

また よだれがでます
また ぼくの服につきます

ぼくは どうしたらいいか考えます


現状維持!


最後は 知らない犬が 逃げ腰になったので
一か八か はなしたら 逃げて行きました
ぼくのトランジスターラジオは ずいぶん先に 飛んでいて
ぼくは すごい汗をかいて
ジョンは すごく興奮して

いそいで家に帰りました

ジョンが 夜
うなされた様に 唸るような寝言を言いました

MASUI COMPUTER   

 

MASUI COMPUTER   

 

MASUI COMPUTER   

 

MASUI COMPUTER   

90年代の ロッキン・オンの編集長
増井修さんが すごく好きです

ベックや ストーン・ローゼス
ブラ−や オアシス

ニルバーナ

増井さんの記事を読んで ワクワクしました

増井さんは  ずいぶん昔 
突然 ロッキン・オンの編集長を辞めました 

いや 辞めさせられました
なにか わからない問題を起こして

ぼくは ずっと増井さんはどうしてるんだろう?と
よく考えていました

90年代 ぼくの頭の中の かなりの量の教科書を作っていた本の人です

今日 たまたま 『TONE』トーンという音楽雑誌を買いました
その表紙は 
小山田圭吾さんと細野晴巨さんが 2人で街で一緒にいる写真の表紙でした

ぼくは この雑誌を読んで 見て
この雑誌 すごくいいなと思いました

この雑誌を作ってるのは だれなんだろう?

編集人 増井修とありました

ぼくは 泣きそうになりました
もう 10年くらい増井さんの仕事を探していました
しかも 小山田圭吾さんと 細野晴巨さんが表紙の本です

ついに 見つけました

小山田圭吾さんと 細野晴巨さんの対談では
アシスタントという わけがわかんないクレジットで名前がのっています
増井さんは 自分のすきな人のところに 自分の名前を入れます

増井さんも コ−ネリアス好きなんだと うれしくなりました

2006年11月28日 (火) KIZUMO COMPUTER   

コンニチハ

ボク キズモ デス

キョウハ ウナギ・コンピュータ・スタジオガ オヤスミナノデ

ボクガ マジックヲ シマス



デハ

KIZUMO COMPUTER   

ボクノ ミミガ

ミミガ〜



ミミガ〜〜〜〜〜

KIZUMO COMPUTER   

デッカク ナッチャッタ!!!!!

KIZUMO COMPUTER   

・・・・・・・・・・







デッカク・・・・




・・・・

KIZUMO COMPUTER   

チガウンデス・・・・・



ボク 


ホントハ コンナジャ ナインデス・・・・

2006年11月27日 (月) BECOME DIM COMPUTER   

お母さんが旅行に出かけたので
ぼくが家の仕事をしています

洗濯して  乾いた服をたたんで

お風呂にお湯を入れて  洗って

御飯を作って  しまって

犬のジョンとリッキーの散歩に行く

ジョンを最初に散歩に連れてかないと ジョンは怒る
いつもは 僕がジョン お母さんがリッキーの散歩の担当です

リッキ−は おじいちゃんで 足が弱ってしまっているので 
歩く距離は少なく
後ろ足は もう ゆっくり歩きながらグニャリ・グニャリとなり
転びそうになります
散歩の途中で ポツリ・ポッリと雨が降り出しました
急げないので 雨に濡れます

家に着いたら
ジョンが 台所のテーブルの足に ほんの少し おしっこをかけていました
ジョンを最初に散歩に連れて行ったけど
ぼくがリッキーと 散歩に行ったので怒ったのです

わがままな奴です

そのわがままな奴は 今 ぼくの座ってる椅子の下で寝ています
今日も やっぱりアホな顔で

BECOME DIM COMPUTER   

 

BECOME DIM COMPUTER   

 

BECOME DIM COMPUTER   

 

BECOME DIM COMPUTER   

 

2006年11月26日 (日) 前から見た図 COMPUTER   

田中君の店に 忘れてきたCDを取りに行きました
田中君は 古着屋をしています

田中君が

「一郎 今日 暇?」 

て聞くから ドキッとしました
先週の日曜日に このセリフのあと うなずいて 
静岡県から 名古屋のメイド喫茶まで行ったからです
そのとき 静岡市にも いいメイド喫茶があると言ってたし

行くのか?

行きません!

田中君は自分の部屋を レコ−ディングスタジオにしたのを
「まー ちょっと見ていってよ」っていう 自慢でした

ターンテーブル2台のDJスペース
リズムボックス 
アンプ スピーカー
エレキギター エレキベース
わかんない機械と機械
1000枚以上あるレコード
畳み
神棚

田中君は きれい好きなので
それらのテクノロジーが きれいに和室に列んでいます

田中君がプログラムした音を出して リズムを調整し 楽器を弾き
ぼくがターンテーブルで 畳みに正座してレコードを選び 
音をだしました


ぼくは 思いました

田中使える!!

田中君の背中から お釈迦様みたいに後光がさしてます

ぼくは アニメを作る話しをして
音楽作ってよ と言いました

決定です

田中君 歌わなければ信用できる音楽バカです
それに田中君なら イヤな音だったら そく 心無くダメと言えます
やり直し

セリフの声を 高くしたり低くしたりも出来ると言うし
たくさんある いろんなジャンルのレコードもサンプリングしほうだい
決定です
STUDIO UNAGI 音楽プロデューサー田中 

さっそく 試作の音を作ってくれる
楽しそうでした

七人の侍の 侍たちが集まるような
なんだか そんな気分になりました かっこよく言うとですが

だけど 肝心のぼくが なんにも絵を描いてないのが
御愛嬌です
ぼくは いかに楽して クオリティーの高いものが出来ないものか?
そんなことばっか 考えてます
 

横から見た図1 COMPUTER   

 

横から見た図2 COMPUTER   

CM

過去の日記は

表紙の

□1 から □45 で見られます

後ろから見た図 COMPUTER   

 

上から見た図 COMPUTER   

なんで今日この5枚の絵を描いたと言うと

STUDIO UNAGIのリーダーから

前しかないから なにも出来ないという
悲しいメールが来たからです

しかし
ディープインパクトが今年で引退なんて
狂ってます