戻る - 参加 

UNAGI COMPUTER STUDIO

WAVE〜UNAGI COMPUTER STUDIO●●   

 

    

新しい朝がきた 希望の朝だ

ジャズピアニスト
オスカー・ピーターソン の
ソロ ていうアルバムのCDをギャラリーで流します
ぼくは今 このピアニストの このアルバムに夢中です

高松の三越デパートで買った
よく調教されたリンゴをギャラリーに置いて 
戦闘モードの 赤レンジャーの超合金の玩具も置いて
さて 始まりです

雑貨店dodoの店長さんに 
イギリスのアンテークの椅子を貸してよ と頼んだのに  
白いプラステックの椅子を持ってきました
ぼくは それに座ってコーヒーを毎日飲みます
やけに絵達になじむ椅子で気に入りました

ヒマな時に作った ガンダムのプラモデルも写っています

まずは 茜ギャラリーの様子から

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

カフェ ネネ・リッキーさんの展示です

北欧家具とコーヒーの香りと ジャズの音楽
それと ぼくの絵の
コラボレーションです

かっこいい なんとか 住めんかと ここに

左に流されましたが ・・・・

茜ギャラリーから自転車で40分くらい走った先にあるのですが
コーヒーを飲んだ後 また来ますと言って自転車でまた走り出しましたが
来ないな ・・・ と 思いました

40分 つらいから

往復80分だから  

太陽の紫外線 この時季が じつは一番強いから
皮膚癌に なっちゃうから

オゾン層問題 怖いですね
ぼくは 環境問題にたいして薄っぺらいです 

カフェ ネネ・リッキーさんは
もちろんコーヒーがおいしいんですが
お母さんが作る 手作りのベーグルとスコーンもお薦めです

    

 

    

 

    

 

    

瀬戸内海 フェリーが行き交う場所
大きな倉庫街を改造して作られた所にある
カフェ・ウミエ です

玄関にぼくの絵が こんにちは と置かれています
お店の中には ぼくの絵が いらっしゃいませ と置かれています
今も これからも 置かれています
いってね

「あれ山口さんの絵ですよね」 と店員さんに言えば
昼間なら コーヒー
夜なら ビールが  サービス! 

・・・・・  されないよ   100%です

「ええ そうですよ」 アンド スマイル0円で終わりです 100%

ウミエさんは 広い店の中に 本がいっぱいあって
どれもボロボロです
お客さんが いっぱい来て 食べたり飲んだりしながら本を見るからです
ぼろぼろの本は素敵です

夜 ウミエの窓から見える
フェリーの出発する風景が見えるのも素敵です
色んな光の色が 遠ざかっていきます
銀河鉄道999 海バージョンです
 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

ウミエさんの近くにある
ザ・ガレージ というサーフィンショップです

ギャラリーにきた女の子が
波というテーマならと紹介してくれました
いい人です

サーファー て かっこいいね
サーファー て かっこいいよ いやほんとに

紹介されて握手をして
グッと力を入れられた時 かっこいいと思いました

ぼくも これから握手のさいは グッと一瞬 力を入れるから
いままで フニャでしたが

妙に絵が お店になじんでいて うれしかったです

    

 

    

 

    

 

    

ぼくが住んでいた
茜マンションの3階にある
布屋さん マリ・マリーさんです
階段を上って左です 
右に行くと 2年前ぼくの住んでいた段ボールの床の部屋です
ホームレス中学生プラスかなりアルファーの年齢でした 
焼きかげんも かなりミディアムのホームレスですが 

アンテークの布の店 マリ・マリーさんには
2年前に僕が描いた子供の絵を
鉄で出来た かわいい額に入れて飾ってくれていて

今回 布の店からギャラリーに来てくれたお客さんの意見で
「お店の 子供の絵がかわいいわね〜」て あまり言われるもんだから
色鉛筆で子供と動物の絵を描いて コンビニで何枚もカラーコピーして 
無許可で マンションの壁中に
夜中に貼りました

    

 

    

 

    

 

この先に ぼくが住んでいた部屋があります   

 

    

 

    

茜マンション1階
旅の雑貨と文具の 薄泊(はく)さん

写真とり忘れた!
喋ってばっかで!

絵は これです ↑

店長さん 素敵な人です
すごく素敵 
えーーーと  これくれいでいいですか ・・・

遊びに行くと楽しくて
写真を撮り忘れる 素敵な店です
もうすぐ カフェオープン

    

 

    

茜マンション 2階

アンテーク家具と雑貨の店 ドドさん

えー ぼくの2年前 いつもいた
しゃれた お店です

大好きな人が店長です
男です

ぼくも
男です

ホモではありません

ぼくより10歳くらい年下ですが
ぼくを雑に扱います

今も2枚 絵を飾ってもらっています
たぶん

血液型が B型なので信用出来ませんが

これ 山口さんの絵ですよね と言うと
やっぱり なにもしてくれません B型だから

    

 

    

 

    

 

    

汁の店 おふくろ です

福山雅治さん や くるり が 
コンサートの後に立ち寄る店です
あのね  おいしいから お店の雰囲気、素敵だから 清潔で

ぼくは この店に絵を飾りたかった 
昼の定食がおいしいんです!  ドン!!
(山口が机を叩きました)
ぼくは ここの鯖の煮込みが大好きなんです ゴロゴロ ゴロゴロ!!!
(山口が床を転がりました 尾崎豊風に)

絵を壁に飾りながら 鯖の煮物が大好きですと話して
飾った後 絵を見ながら 生ビールを頼んで さて 鯖の煮込みを

財布にお金が 1000円もない!  無理です

・・・・  無理だ 

鯖の煮物のトレーの前で どっしり座って 
なんであんなに好きとアピールした 鯖の煮物を注文しないのか?
そう思われてはいないかと じっとり汗をかきました

    

 

    

 

    

茜ギャラリーのあるビルにあるパン屋さん
リチェッタ です

パンがおいしいです ほんとに まじで
杖の形のクルミとチョコのハード系のパンがお薦めです 

あまり 説得すると 怪しくなるので このへんで

ぼくの帰った後も この絵はレジの後ろに飾ってもらっています
パンを焼く匂いの中にいます
そのうち額の木は パンの匂いになります うれしいです

パンではないですが
手作りのジンジャーエールが すごくおいしいです

「その絵 山口さんの絵ですよね」 と言えば
もれなく おいしいジンジャーエールがサービス !

・・・・ されません ね 100%です

「そうですよ」 スマイル0円はついてきます きっと

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

西西さんです

ぼくは この雑貨店・ギャラリーが好きで
この民家がすきで 何とか住めんかと
行くたんびに お店のオーナーさんに言います

左に流されますが ・・・

トイレに行く用事がなくても トイレに行きます
トイレが なんともかわいいのです
どうかわいいかは 秘密です

ギャラリーは 黒い壁の先に 白い壁があって
そこに 入って行くとき 明るい蒼い色の波の絵を置きました
綺麗だからです

黒い壁と 白い壁に 絵を置きます
小さな世界での
なかなかの戦いです

    

 

    

 

WAVE〜UNAGI COMPUTER STUDIO●●   

 

    

全部 終わりました

ぼくは 2つの よく調教されたリンゴを食べて
それをゴミ箱に捨てて終わりです

茜ギャラリーの夜の外から見える風景は
ガラス全体が一枚の額 として
太陽と波 それらの絵の コラージュの一枚の絵を作りました

外から見ると そうなるのです

では

こんどは
10月 東京で

フルーツ アンド フラワー で

ぼくの最高傑作です