戻る - 参加 

UNAGI COMPUTER STUDIO

TORI COMPUTER クジャク   

 

2009年11月2日 (月)   

夜 冷たい風が強くなりました

そしたら 心がなんだか寂しくなりました

心が寂しくなるストックは いっぱいあるのです


いかん! ネガティブになっている
恐ろしいほどにポジティブなのに

冷たい風をオーバーヘッドキック!
しかも全裸で

寂しい心にバッグドロップ
しかも全裸で 全裸だけど黒いハイソックスをはいて

いや〜 体育会系ポジィテ部ですから

ヨルノメダマ COMPUTER   

 

2009年11月2日 (月)   

 

2009年10月31日 (土)   

来年2月 浜松シティーマラソンの
Tシャツのデザインを募集しているので描いてみました

賞金5万円!

もし 5万円あれば・・・・

来年発売の玩具 大人の超合金
アポロ11号&サタンV型ロケットの資金になるのです

「金じゃ〜 世の中 金がすべてじゃ〜」

どうか 採用されますように 

TORI COMPUTER   

 

2009年10月30日 (金)   

マイケル・ジャクソンの映画を見ました

映画をみながら
マイケル・ジャクソン て なんだろう?て 考えました

ぼくの結論は
マイケル・ジャクソン て フェデリコ・フェリーニ監督の
『道』という映画の中の 旅回りのサ−カスみたい て 思いました

サーカス て 楽しいくせに なんだか寂しくて
かっこいいのに どこか フリークスで

子供の頃からサーカスの看板スターで
そのサーカスが いつのまにか 世界一大きくなって
世界一楽しいのに 世界一寂しくなって
世界一かっこいいのに 世界一フリークスになって

ぼくは マイケル・ジャクソンを
キング・オブ・ポップと 呼ぶのが嫌いです
キングて 大人じゃん マイケル・ジャクソンて 子供だもん

映画は すごくよかったです

魔法使いの話し   

 

魔法使いの話し   

 

2009年10月29日 (木)   

恐ろしい魔法使いから 目をもらった魔女の娘は 
大人になった自分の
青白く痩せた顔を見て がっかりするのです


「いえいえ 私はがっかりしませんよ」


「なぜって?」


「興味のないことが期待外れでも がっかりしないでしょ」


そんなことよりも 魔女の娘は 
魔法使いに空高く連れて行かれて見た
この世界の美しさを とてもうれしそうに話すのです

魔法使いの話し   

 

2009年10月27日 (火)   

冬将軍が 恐ろしい魔法使いの住む町にやって来た

冬がはじまるのです

冬将軍は とても無口な人です


「いえいえ わたしは とてもおしゃべりなんですよ」



「でもね」


「こんにちは と あいさつすると みんな ベットに潜って
 かくれてしまうので 話しができないのです」


恐ろしい魔法使いも 紳士なネズミ3兄弟も みんな みんな
暖かいベッドのなかで ぐっすり 寝ています

目の見えない魔女の娘だけは 冬の匂いに気がついて
冬将軍に 「おはよう大好きな嫌われもの」 と 
ベットから顔を出して 口の悪いあいさつをしました

魔法使いの話し   

 

2009年10月26日 (月)   

彼らは 乞食のネズミ 3兄弟
ボロボロの新聞紙の服を着て 町を不潔にするのです


「いえいえ 僕たちネズミ3兄弟は 乞食ではありませんよ 
 とても紳士なネズミです」


「なぜって?」


「毎朝  新品の新聞紙をあつらえた服を着て 
ひげもしっぽも ピンと伸ばして歩いているのです
 その服を着て 魔法使いに今日の新聞の 面白いニュースを話しに出かけるのです

 そしたら彼は ポケットから チーズを3つご褒美にくれるのさ」


紳士なネズミ3兄弟は 毎朝 新聞を隅から隅まで読む 
頭のいいネズミなのです

魔法使いの話し   

 

2009年10月25日 (日)   

彼女は 恐ろしい魔女の娘

お母さんが 悪いことばかりする魔女で
罰として 娘の目を 魔女の女王から奪われた 可哀想な娘です


「いえいえ わたしは 可哀想ではありませんよ」


「なぜって?」


「わたしは 町で一番おいしい林檎を作る名人で
 とても高い値段で 林檎が売れるから たっぷりお金をもってるし
 それに 目が見えないおかげで
 不細工な奴らを見ないですむんですもの」


彼女は いい子なんですが とても口が悪いのです

彼女は 恐ろしい魔法使いから もう少しすると
目を1つもらう娘です

TORI COMPUTER   

 

TORI COMPUTER   

 

2009年10月24日 (土)   

黒い色を使うと 落ちつきます

黒い色が好きなのです

黒い色が あって

白い色が あって 

あと少し きれいな色があるといいのです

TORI COMPUTER   

 

2009年10月23日 (金)   

今日 『plenty』という
日本のロックバンドのデビューCDアルバムを買いました

ロッキン・オン・ジャパン編集長の大プッシュ 新人バンドです
二十歳

雑誌でフロントマンの男の子の顔がかわいかったので まずルックスで
気に入りました

つぎに ギタ−&ボーカル ベース ドラム の
スリ−ピ−スバンドなとこが気に入りました
ぼくは シンプルなスリーピースバンドが ニルバ−ナいらい
大好きなバンドの形なのです

そして 声がいい 内向的な詩がいい 

どうです お客さん?
ききたくなりませんか?


気になったら ゆ〜ちゅぶ で
plenty の 僕のために歌う吟 という曲を聞いてみてくださいな

林檎と手と少年   

 

2009年10月22日 (木)   

犬の散歩をしていると
畑で休憩中の おじいちゃん おばあちゃんと目があって
「こんにちは」と会釈をすると あちらも会釈をしました

畑には 掘りたてのサツマイモがたっぷり転がっていて
ぼくのMDウォークマンには NHK-FMラジオの放送が録音されていて
佐野元春の紹介で
チェット・ベイカーの曲が流れました

犬のジョンを見るとサツマイモの葉っぱに おしっこをかけているので
もう一度 休憩中のおじいちゃんと おばあちゃんに
今度は「すいません」と会釈をすると あちらも会釈をしました

林檎と花と手   

 

2009年10月21日 (水)   

今日は オリオン座流星群が 深夜 夜空に見える日です

星座が大好きなもので

眠くなるまで 外にいるのです

DOG COMPUTER   

 

2009年10月20日 (火)   

興味のない人にはまったく興味のない話しです

昨日まで開催されていた「東京おもちゃショー2009」で
バンダイから来年発売予定
「大人の超合金・アポロ11号&サターンV型ロケット」が発表されたのです

ほしいです!

ぼくは ロケットが大好きなんです
しかも アポロ11号が大好きなんです

1969年にアームストロング船長の乗るアポロ11号が
人類ではじめて月に降りたのです

1969年は ぼくが生まれた年で
なんだか 新しい かっこいい 素敵な未来の形が
ぼくにはアポロ11号のデザインなのです

そして ぼくの子供のころは 超合金のロボット 大ブーム世代なのです

超合金 と アポロ11号 !
これは例えると レディ−ボ−デンのアイスクリームの上に 
チョコレートをかけたイチゴがたっぷりトッピングされたのと同じです

同じです!

ぼくは 木星の重力なみに このおもちゃがほしいのです
これは すごいです 

興味のない人にはまったく興味のない話しでした

CHEETAH COMPUTER   

 

2009年10月19日 (月)   

絵具が乾くまで 庭に出ます

秋と冬の夜空は好きです
星座がきれいだからです

オリオン座を見ると思い出すことがあります

中学生の頃 塾が終わって
白い息をはきながら冬の夜 自転車で家に帰りながら

「ぼくは塾で 頭が悪いことを毎日勉強してるな〜」  

と よく思っていたのを思い出します


今も 外に出てオリオン座を見ると
ぼくは 頭が悪いんだよな〜 と思い出します

LION COMPUTER   

 

2009年10月18日 (日)   

仕事が終わって

ラジオを聞きながら犬の散歩に出かけ 
お寺のところでキンモクセイのいい匂いがしました

キンモクセイの木からずいぶんはなれて
いい匂いがしなくなっても
風が吹くと いい匂いが 追い掛けてきました

ELEPHANT COMPUTER   

 

2009年10月17日 (土)   

今日は 象の絵を描きました

白い色を 不真面目に塗るのです

でも 一生懸命 不真面目に塗っています


「ああ まったくぼくは進歩というものを知らない
 高校の頃と ほとんど同じ心でこうして ここに居る
 勝手に月日だけがたって 年だけがふえている / 七月十七日(水)」

忌野清志郎 / 十年ゴム消し より

BIRD COMPUTER   

 

2009年10月16日 (金)   

段ボールをロットであつかう工場で
加工される前の段ボールの紙を 絵を描くサイズに合わせて切ってもらい
30枚 買いました

昨日から その紙に描いているのです

楽しい
昨日は 雪を描いて
今日は 鳥を描いて

段ボールの紙の裏側の色あいが気に入りまして
白い色を たっぷり使って 絵が描けるのです

世界中のみなさん
新しいものをためす その感覚は なんだかワクワクしますね

SNOW COMPUTER   

 

2009年10月15日 (木)   

夕方 NHK教育テレビで
人形劇『三銃士』が始まりました

ぼくは 毎日 この番組が楽しみです

台所の椅子に座って 10月の夕方6時 外は暗くなって
窓は真っ黒になって ワクワクしています

子供の頃 おんなじようにして 
NHK教育テレビの人形劇を見ていました

小学生から 頭の中が ぜんぜん成長していません
これは なかなか 困ったことです

魔法使いの話し 3   

大嫌いなピンク色の服を着るようになってから
魔法使いは あまり町に姿をあらわさなくなりました

けど ときどき 今も 
ソーダ味の飴が3日間 町にザァーザァと空から降るのです

どうやら ピンク色の魔法使いは元気そうだ

ぼくらは ソーダ味の飴玉を1つなめて 
ねぼけて魔法を使った 魔法使いを想像して 笑うのです




魔法使いの話し  おわり

WIZARD CMPUTER   

 

2009年10月14日 (水) 2   

彼は いい魔法使い

町の大きな火事を消して みんなからそうよばれるようになりました

魔法使いは いい魔法使いと みんなから言われるようになると 
ああ 心臓が爆発して死んでしまうという噂があるのです

さようなら 魔法使い さようなら


「いえいえ ぼくは死にませんよ
 心臓なんて爆発しないのです」
 

「なぜって?」


「その噂をながしたのは この ぼくだからです」


「魔法使いの世界では
 悪い魔法使いは 黒い服
 いい魔法使いは ピンクの服と きまっているのです

 ぼくは ピンク色の服なんて大嫌いなのさ!」


魔法使いは 黒い服を着ていたいのです
けど きまりには さからえません

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月13日 (火)  1   

彼は恐ろしい魔法使い

風をあやつり 波をあやつり
町を 海の底に沈めてしまうのです


「いえいえ ぼくは そんな恐ろしいことはしませんよ
 風をあやつり 波をあやつり 海の水を空に上げ
 町に雨を降らすのです」


「なぜって?」


「町の火を 消すのです」
 

町は とても大きな火事になりました
魔法使いは それを全部 風をあやつり 波をあやつり 激しい雨を降らせ 

消したのです

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月12日 (月)   

彼は恐ろしい魔法使い

自分の片目をあげた女の子に お礼に食事をよこせと
自分の影を 毎日 使いにだすのです


「いえいえ ぼくは そんな いやしいことはしませんよ
 いらないのに 毎日 片目をあげた女の子が食事をもってくるのです」

「だから こんど いってやるのです」

「君が死んだら 片目はかえしてもらうから お礼なんていらないってさ」



魔法使いに ほんとはあの子が好きなんでしょ なんて言ってはいけません
魔法使いは おこって 君を 毛虫やゲジゲジ虫に変えて 
魔法使いの眠るベッドの回りを 君は一生  ウロウロすることになるのです

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月11日 (日)   

彼は恐ろしい魔法使い

風がつよい夜は 高いガケの上から 怖いユメを見る種を
町にむかって まくのです



「         」



あれれ 今日は ちがうといいませんね


恐ろしい魔法使いは
風がつよい夜 高いガケの上から 怖いユメを見る種を
町にむかって まくのです

そして 子供たちは みんな 怖いユメを見て おねしょをするのです

お父さん お母さん おねしょをした子供たちを叱らないでくださいね
それは 恐ろしい魔法使いのしわざです

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月10日 (土)   

のら犬が一匹 浮いています

恐ろしい魔法使いが のら犬に なにかをしたのです




「いえいえ ぼくは のら犬に なにもしていませんよ
 透明人間の魔法の練習をしているのですがね

 おしりを のら犬にかまれているのです」



魔法使いは 透明人間になって町を歩くたびに のら犬におしりをかまれて 
透明人間の魔法がきらいになりました

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月8日 (木)   

彼は恐ろしい魔法使い

クジラのお腹の中からクジラをあやつり
海の上の豪華客船を沈没させて
乗客の財宝をいただくのです


「いえいえ ぼくはそんな恐ろしいことはしませんよ
 新しい魔法を いくつか覚えたくて
 クジラのお腹の中にいるのです」


「なぜって?」


「クジラのお腹の中は 魔法使いの図書館なのさ
 すごくたくさんの魔法の本と
 すごく座りごごちのいい椅子と
 すごくおいしいコーヒーとクッキーがあるのです」


魔法使いは 今 透明人間になる魔法の本を読んでいます
恐ろしい魔法使いは この魔法をどんな恐ろしいことにつかうのでしょう

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月6日 (火)   

彼は恐ろしい魔法使い

犬を使って子供達をおどろかせ
泣いた顔を見て 満足そうに口笛を吹いて立ち去るのです


「いえいえ ぼくは そんな恐ろしいことはしませんよ
 ところで 子供達は なんで泣いているの?」


1ヶ月前に魔法使いは 
寝ぼけて町に ソーダ味の飴を3日間 空からザーザーと降らせたのです

子供達は たっぷりの飴玉をなめて みんな虫歯になって
泣きながら歯医者に通っているのです

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月5日 (月)   

雨の中で 恐ろしい魔法使いは泣いています
きっと悲しいことを思い出して

そのうち大きな声で泣き出して  泣き声は雷になって
町に雷をたくさん落とすのです


「いえいえ ぼくは泣いてはいませんよ
 帽子を地面において 雨水が帽子の中にたまるのを見てるのです」


「なぜって?」


「雨水が帽子にたまって あふれ出したら 
 ぼくはこの町からでて行くのです
 
 どこかに旅にでるのです」



魔法使いの帽子は 継ぎはぎと 穴だらけで 水なんてたまりません
魔法使いは とっても弱虫で この町から出て 旅に出る気なんてないのです

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月4日 (日)   

彼は恐ろしい魔法使い

木の上で口笛をふいて 鳥を集め
町での自分の悪口を 鳥達から聞くのです

「いえいえ ぼくは 悪口なんて興味がないのです
 ぼくのことを いい魔法使いだと言ってる奴に いたずらをしてやるのです」


「なぜって?」


「いい魔法使いなんて 大嫌いだからさ」


噂では
いい魔法使いと みんなに思われてしまうと 
魔法使いの心臓は爆発してしまうです

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月3日 (土)   

彼は恐ろしい魔法使い

森の長老の動物が鉄砲にうたれて死んだのです
森の動物達は 人間に復讐するんだといい
魔法使いは その指揮をとって 町に走るのです


「いえいえ ぼくは そんな恐ろしいことはしませんよ
 ぼくは どうしたらいいのだろう?
 町に太陽を落とすのは簡単な魔法です けど けして それはしないのです」


「なぜって?」


「きっと ぼくは 1人ぼっちになるからさ」


魔法使いは 町に走り
たくさんの食べ物を盗んで 動物達のお腹を満足させて 
ゆるしてもらうのです

 

WIZARD COMPUTER   

 

2009年10月1日 (木)   

彼は恐ろしい魔法使い
虹にむかって 世界の破滅の呪文をとなえるのです
彼は とうとう人間に失望したのです


「いえいえ ぼくは そんな恐ろしいことはしませんよ
 虹にむかって 
 夜になっても虹が消えないように魔法をかけるのです」


「なぜって?」


「夜になっても虹が見れたら綺麗でしょ」
 

町の人達は夜遅くまで虹を見て喜びました
次の日 子供は学校に寝坊して 魔法使いは校長先生に怒られるのです  

魔法使いの話し   

 

2009年9月29日 (火)   

彼は恐ろしい魔法使い

町からずいぶんはなれた森の
虫がウジャウジャたっぷりのベットで ぐっすり寝ています


今日は彼に話しかけないで ぐっすり寝かせてあげるのです


なぜって


恐ろしい魔法使いを 無理に起こすと
ねぼけて ソーダ味の飴を 3日間 空から町に ザ−ザ−と降らすのです